サラリーマンでも副業収入がある場合は確定申告が必要ですね。
確定申告で65万円控除を受けるには白色ではなく青色申告を行う必要があります。

確定申告については国税庁のサイトをチェック

shinkoku
確定申告では、前年の1月1日〜12月末日までの期間の所得を、
毎年2月16日から3月15日(平成26年度分は16日)の間に申告します。
会社員の場合、通常は給与から源泉徴収されるのですが、
副業での収入は自身で申告する必要があります。

参考:確定申告特集

青色申告での控除を受けるための条件

サラリーマンでも条件を満たしていれば、65万円の控除を受けることができます。
初めての場合は、個人事業主として所得税の青色申告承認申請書を提出しましょう。

参考:所得税の青色申告承認申請手続

青色申告の対象となる所得は、事業所得、不動産所得、山林所得のいずれかの所得です。
給与所得や譲渡所得は、対象にならないため注意が必要です。

エクセル簿記/ExcelB

ExcelB
個人事業主の青色申告に最適な無料ソフト「エクセル簿記」。
複式簿記の知識は必要ですが、無料ダウンロードで利用できるため
初めて青色申告を行う場合は試してみるとよいでしょう。

エクセル簿記/ExcelB - ダウンロード

エクセルで確定申告するのにおすすめの書籍

フリーランスのための青色申告
本で勉強したい場合には、こちらの書籍がおすすめです。
青色申告に必要な税についての基礎知識と、簿記に関する内容がコンパクトにまとまっており、
付録のクーポンコードを入力すれば、申告ソフト(excelマクロ)を利用できます。


【2014-2015年度版】フリーランスのための超簡単!青色申告 (事業所得用・申告ソフト付/Windows版)

クラウド会計ソフトを利用するという選択肢も

アフィリエイトやポイント報酬など取引先が少ない場合は、一年分をまとめて行う形で問題ないですが、取引先や出入金が頻繁にあり、毎月記帳を行う場合などはクラウド会計ソフトを利用したほうが良いでしょう。無料でお試しできます。

クラウド会計ソフトfreee(フリー)

freee公式ホームページ
公式サイト:全自動のクラウド会計ソフト

やよいの青色申告オンライン

やよいの青色申告公式ホームページ
公式サイト:やよいの青色申告オンライン